診療科の紹介 外科

医師紹介


溝上 賢(みぞかみ けん)

外科診療部長


出身大学:自治医科大学

略歴:
1991年 佐賀県立病院好生館勤務
1993年 佐賀県鎮西町立馬渡島診療所勤務
1995年 佐賀県立病院好生館勤務
1996年 佐賀県北波多村立病院勤務
1998年 自治医科大学附属さいたま医療センター勤務
2000年 佐賀県脊振村国保診療所勤務
2002年 共立湊病院勤務
2003年 自治医科大学附属さいたま医療センター勤務
2004年 東京北社会保険病院勤務
2005年 自治医科大学附属さいたま医療センター勤務
2011年 東京ベイ・浦安市川医療センター勤務

所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本大腸肛門病学会、日本胃癌学会、日本内分泌・甲状腺外科学会、日本内視鏡外科学会

資格:
医学博士
日本外科学会認定 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

一言:
患者さんの病状、全身状態を考慮し、またご希望になるべく沿えるような形での治療を提供できるように努力して行きたいと思います。手術のことに限らずお気軽にご相談ください。


窪田 忠夫(くぼた ただお)

出身大学:東京慈恵会医科大学

資格:
外科指導医・専門医・外科認定医
消化器外科指導医・専門医
がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
内視鏡外科技術認定医
超音波指導医・専門医
救急科専門医・認定医
集中治療専門医
外傷専門医
インフェクションコントロールドクター
日本DMAT隊員
JATEC インストラクター
Fellow of International College of Surgeons
Journal of Emergency Medicine and Surgical Care, Editorial Board
Journal Clincs in Surgery, General Surgery, Editorial Board


専門領域:
腹腔鏡手術/胸腔鏡手術
消化器外科・胸部外科・血管外科、乳腺内分泌外科他全般

一言:
みなさまのお役にたてれば幸いです。


片桐 秀樹(かたぎり ひでき)

出身大学:順天堂大学

略歴:
順天堂大学医学部付属練馬病院 初期臨床研修医
順天堂大学医学部付属練馬病院 外科後期研修医
東京ベイ・浦安市川医療センター 外科専修医

所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本腹部救急医学会

資格:
日本外科学会認定 外科専門医

専門領域:
乳腺・一般外科、消化器外科、腹部救急外科

一言:
外科医としてのidentityを常に追求し、患者様に受診して良かったと思っていただける臨床医を目指し、日々精進致します。


奥村 賢治(おくむら けんじ)

2015年度外科チーフレジデント

出身大学 九州大学

略歴:
新日鉄八幡記念病院
東京ベイ・浦安市川医療センター 外科専修医

所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会

資格:
ACLS provider、ECFMG certificate

専門領域:
外科全般

一言:
一生懸命治療させていただきます。


国崎 正造(くにざき しょうぞう)

出身大学:弘前大学

略歴:
沖縄県立中部病院初期研修医
東京ベイ・浦安市川医療センター 外科専修医

所属学会:
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会

資格:
JATEC provider

専門領域:
一般外科、消化器外科

一言:
いつも笑顔を忘れずに、地域の皆様が安心して手術を受けられるように皆様と一緒に頑張りたいと思います。


坂田 大三(さかた たいぞう)

出身大学:
カリフォルニア大学バークレー校分子細胞生物学部生化学学科
群馬大学医学部

所属学会:
日本外科学会

資格:
JATEC provider

専門領域:
一般外科


坂本 貴志(さかもと たかし)

出身大学:神戸大学

略歴:
神戸市立医療センター中央市民病院 初期臨床研修医
東京ベイ・浦安市川医療センター 外科専修医

所属学会:
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器外科学会、European Society for Trauma & Emergency Surgery、関東腹腔鏡下胃切除研究会

資格:
JATEC、JPTEC、ISLS(ファシリテーター)、PTLS、DSTC、USMLE STEP2CK

専門領域:
一般外科、外傷


木村 次郎(きむら じろう)

出身大学:岡山大学


所属学会:
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会


専門領域:
一般外科、消化器外科


一言:患者さんのために全力を尽くします。


吉川 健太郎(よしかわ けんたろう)

出身大学:東海大学


略歴:
聖路加国際病院 初期臨床研修医
東京ベイ・浦安市川医療センター 外科専修医


所属学会:
日本外科学会


資格:
ACLS provider


専門領域:
一般外科


深井 翔太(ふかい しょうた)


非常勤指導医


町 淳二(まち じゅんじ)

東京ベイ浦安市川医療センター NKPディレクター

出身大学:順天堂大学医学部

略歴:
1977年 順天堂大学医学部卒業(1972年米国留学)
1977年 沖縄県立中部病院卒後研修(インターン、外科レジデント)
1981年 イリノイ大学病理、外科 リサーチフェロー
1984年 イリノイ大学病理 博士(Ph.D.)、イリノイ大学外科 修士(M.S.)
1985年 久留米大学第一外科 助手
1987年 ペンシルバニア医科大学外科 研究講師(Assistant Professor)、レジデント 
1993年 ピッツバーグマーシー病院外科 レジデント
1995年 ハワイ大学外科 準教授 (Associate Professor)
1997年 米国外科専門認定医
2001年 ハワイ大学外科 教授 (Professor)
2008年 野口医学研究所 理事長(野口研修プログラムNKP創立)
2012年 東京ベイ浦安市川医療センター NKP研修委員長 

所属学会:
American College of Surgeons , Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons, American Institute of Ultrasound in Medicine, American Medical Association, International Society of Surgery, International Society for Digestive Surgery

資格:
M.D., Ph.D., F.A.C.S.
American Board of Surgery; National Ultrasound Faculty, Director of Abdominal Ultrasound of American College of Surgeons; Co-principle investigator of NIH Grants

専門領域:
一般外科・消化器外科、 外科での超音波(術中・腹腔鏡超音波超音波ガイド、超音波組織特性など)、日米の医学教育・卒後研修・専門医制度・医療制度

一言:
“Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. The important thing is to keep moving forward.”
“The future belongs to those who believe in the beauty of their dreams.”
“My fellow residents: ask not what your program can do for you, but ask what you can do for your program and hospital in education and patient care.”


Alan T. Lefor

Visiting Staff

Alan Lefor is Professor of Surgery at Jichi Medical University in Tochigi, Japan where he is specializing in medical and surgical education. Following graduation from SUNY Upstate Medical School in Syracuse NY, he completed a residency in General Surgery. During that time, he also served as a Medical Staff Fellow in Surgical Oncology for two years at the National Cancer Institute / NIH (USA). Following 7 years on the faculty at the University of Maryland / Baltimore as a Surgical Oncologist, he joined the faculty at UC San Diego and served as Program Director in General Surgery in Bakersfield, CA. He then became Program Director in General Surgery and Chief of Surgical Oncology at Cedars-Sinai Medical Center in Los Angeles and Professor of Surgery at UCLA. In addition, he served as Director of Graduate Medical Education and Continuing Medical Education at Cedars-Sinai. His areas of clinical expertise are General Surgical Oncology, Trauma Surgery and Surgical Critical Care. He has written over 300 articles, chapters and abstracts, and 12 textbooks including "Surgery On-Call", a popular book for surgical trainees, which has been published on four continents. He is also the author of "Critical Care On-Call", which has been published in five languages (including Japanese). In April 2007, he assumed his current position in Tochigi. In addition, he is a second year PhD student in the Astronomical Institute at Tohoku University, pursuing research in aspects of gravitational lensing as a probe of dark Matter in the Universe.